NBU日本文理大学 女子ソフトボール部NIPPON BUNRI UNIVERSITY SOFTBALL CLUB

スコアボード

第17回九州地区大学女子ソフトボール秋季大会 決勝

福岡大学 vs 日本文理大 試合情報

[球場]京都郡犀川G 
[開催日]2017年11月12日(日) 
[開始時刻]11:00~ 
[終了時刻]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡大学 0 0 1 0 0 0 0 1 2
日本文理大 0 0 1 0 0 0 0 3

福岡大学

投手
24 増本
捕手
19 片山
本塁打
三塁打
11 尾関
二塁打

日本文理大

投手
29 川下
59 吉田(3回~)
39 今村(4回~)
捕手
55 坂本
45 森田(4回~)
本塁打
三塁打
5 豊田
二塁打
先発した川下は、味方の援護もあり2回を無失点で守り切りマウンドを後にした。

3回から任された吉田は今季初登板。一安打に抑えたが失点を許してしまう。

その裏、二死から一番吉山が内野安打で出塁すると続く二番豊田が相手の隙をつきセフティ。その間に吉山が三塁へ進むと、ここで勝負に出た。三番山根が打席に入ってる間に一塁の豊田が盗塁で相手を揺さぶると、足の速い吉山が相手送球の間にホームへ滑り込んだ。

その後、4回一死から試合経験の多い今村をマウンドに送りリードを森田に託す。

7回まで互いに譲らず8回から※タイブレーカーに突入した。
(※7回終了時、同点により勝敗がついていない場合。8回より無死二塁の状態に設定し勝敗がつくまで続けていくというルール)

無死から三振に抑えるも次の打者に内野安打を浴び、一死1.3塁。
相手走者が盗塁するとミスが出て1点を失った。が、その後今村-森田バッテリーが二者三振に抑えると仲間を信じマウンドを後にした。

8回裏、二塁走者に一年生則友。打者には瀧野。瀧野がしっかり仕事し一死3塁を作ると一番吉山が四球を選びすかさず盗塁を決め、三年生豊田にまわした。

この日、チームを引っ張ってきた三年生豊田の狙った三球目。
渾身の一振りが放った打球は、センター真横を抜け、チームを勝利へと導いた。


1.2年生を中心とした今季秋季大会のメンバー達は、自分たちの力でもぎとった優勝旗の重みを感じながら今シーズン最後の大会を終えた。

スケジュール

2020年03月02日
合同練習
2020年03月07日
熊野市長杯
2020年03月08日
熊野市長杯
▲ ページトップへ